店舗情報

楊貴妃。

朱赤一色ですが、楊貴妃専門の方もおられるくらい、不思議と飽きない品種です。

横見した瞬間のハッとする赤さは、ヒメダカとは全然違います。

ギラギラ系のメダカがどんどん増えていっても、楊貴妃だけは滅びることはないでしょうね。

シンプルイズベストですね。

楊貴妃は何といっても、赤さの追求、できればお腹まで赤いのがいいですね。

こちらの写真のメダカちゃんは、メスはまあまあお腹も赤く、オスはお腹に色はついていませんが、とても洗練された色味で、稚魚の時から異彩を放っていました。

この子たちの先祖には、「紅帝」と呼んでもいいほどの赤いお母さんがいたので、さらなる赤さを期待したいです。

どの品種にも言えることですが、1年2年と成長していく程に、色も濃く、深みが増していくので、それもメダカ飼育の楽しみですね♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました